流産のこと

流産から次の妊娠までの間、私の中で心がけていたことについて。

 

くんママ
くんママ
皆さんこんにちは、くんママです♪

 

皆さんと言ってみたものの、まだこのブログは書き始めたばかりなので読んでいる方は少ないと思います。

妊娠や出産に関するブログは数多く存在しているし、情報は至る所に転がっているので何を書こう?といつも考えてしまうのですが、やっぱり自分が体験したことを書くのが1番だろうと思いました。

 

実は、私は今年の2月にも1度妊娠をしています。そして、3月に流産してしまいました。

妊婦のうち約15%くらいは流産になるそうで、初期の流産の多くは受精卵の染色体異常が原因とのことなので、自分が悪かったわけではないと理解しつつもかなり落ち込みました。

それから3ヶ月後、また幸運にも赤ちゃんがやってきてくれて現在に至るのですが、その間に少し心がけていたことについて書いてみます。

身体を温める・体温を上げること

巷でも言われている、妊娠しやすい体質になるための一つとして「身体を温める」というのがあります。冷えや低体温は病気やガンの原因にもなるので、日頃から温めておいて損はないですよね!

私が日課として行っていた事は…

  • 毎朝、生姜湯を飲む(飲みたいときは夜も)
  • 身体を冷やす野菜や食品・飲み物を取り過ぎない(温めてくれる食品を取る)
  • 入浴は半身浴で毎日10分~20分くらい入る
  • クーラーなどに当たりすぎない

凄く簡単ですがこんな感じです♪ 最近の平熱は36.8度くらいになりました。

基礎体温を毎日記録する

次の妊娠に向けて、正確な排卵日が知りたいので基礎体温を毎日ちゃんと測ることにしました。

私はかなりズボラなタイプなので、やり始めても途中で面倒になってしまうことが多いのですが、毎日継続出来るように簡単に計測できて記録出来る体温計とアプリを利用しています。

まず、体温計がこちら。

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥2,797
(2018/08/14 17:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

この体温計は約10秒で検温出来るので、ベッドから出る前に素早く測ることが出来ました!

そして体温計で測った数値を…

カラダのキモチ:生理/排卵日予測・基礎体温計・妊活サポート
ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル無料

「カラダノキモチ」というアプリに転送します。転送も数秒で出来ちゃうの楽ちんです♪転送した体温は自動でグラフ化されるので、体温の変化が一目でわかります。その他にも、体重や体脂肪率のデータも記録できるそうですよ!

私はここで記録していたおかげで排卵日を知ることが出来て、仲良しする時に役立てました。

自分や夫とのパートナーシップについて

上記に排卵日の事を書きましたが、排卵日だからって義務的に仲良しするのは嫌だし、妊娠したいだけの行為は気持ち的に萎えますよね。

でも、妊娠したい気持ちは抑えられないし、1年に12回しか排卵日がないとなると焦る気持ちもある。そんな中でも、とりあえず決めたのは“執着するのはやめよう”ということ。万が一授からなくても、二人だけでも楽しく生きていく。その事に心が囚われないようにする。それを意識はしました。

あと、もう一つ強く意識していたのは“自分と自分とのつながり”がちゃんと出来ているか。それが出来た上で“パートナーときちんとつながっているか”ということ。ここで言う「つながり」とは心と体が一致しているかどうか、本当に通じ合っているかということです。なので、仲良ししたくないのに義務的にするというのは本当は心と体がバラバラですよね。

つながることを大事にしようと思った中で、参考になったのがこの本です。ピンク映画の監督が書かれた本ですが、すごく奥が深かったです。

まとめ

結果的に3ヶ月後には赤ちゃんを授かったので、「流産した後は子宮の環境が一度リセットされるので妊娠しやすい」ということも言われているように、私が心がけた事などは別に大した意味はなかったのかもしれません。

でも、流産をきっかけにもっと自分の身体を大切にしよう、栄養のことなど勉強してみよう、パートナーとの繋がりを深めよう、自分らしく生きようという意識が高まって、悲しい気持ちを前向きにすることは出来ました。(一時は友人の子供を見るのも辛かったし「どうして私が?」と毎日考えてしまったこともあったのですが…)

今授かっている赤ちゃんも育んでいる途中ではありますが、亡くなった命の分まで幸せにしていけるよう、引き続き日々を大切にしていきたいと思います。