里帰りしない出産

親との生活はイライラする…里帰り出産しないで乗り切るための作戦!

 

ネットで里帰り出産のことについて調べていると里帰りでのストレスについて綴っている投稿を見かけます。私も里帰り出産するかどうか悩みどころで、ずっと考えていましたが、

 

くんママ
くんママ
里帰りはしない事にしました!

 

なぜなら、結婚してからというものの実家に居ると物凄くイライラするんです(T_T)

あまり頻繁に帰っているわけではないのですが、流産した時と旦那が出張の時に数日間泊まりでお世話になった事があったんですね。その時に、母との生活リズムの違いそれに合わせる事のストレスをかなり感じてしまって「こりゃー里帰りは絶対無理だな ┐(´~`;)┌ と悟りました。

とは言っても、子育ては初めての経験なので不安…。実家には帰らないまま、無事に乗り切るための作戦を考えていきたいと思います。

里帰りはしないけど家に手伝いに来てもらう

私が実家にストレスを感じている理由はいくつかあります。一つ目は上記にも挙げたように母(※父は他界してしまったので居ません)との生活リズムの違いですが、何よりも嫌なのは母が喫煙者であること。

過去に記事でも書きましたね↓

 

旦那も喫煙者ではあるのですが、家の中では吸わないのでまだ良しとします。(ほんとは辞めて欲しいけど)

母は旦那以上にヘビースモーカーである上に自宅の中で吸っているので、匂いなどが家中に染みついているんです。そんな中に赤ちゃんを連れて帰るのが嫌なんですよね。

そして、三番目の理由は母が片付けられない女だということ。私は割と綺麗好きなほうなので、ごちゃごちゃした空間に居るとストレスを感じます。

他にも家が狭い・母が1日中TVばかり見ている…などなど色々理由はあるのですが、長くなるので省略(>_<)

…そんなわけで私が実家に行くのは嫌なので、母を家に呼んでこちらの生活に合わせてもらおうと思っています。もちろん家の中ではタバコも吸わないでもらいます。

スポンサーリンク

手伝ってもらう期間をなるべく短くする

色々文句を言ってしまいましたが、私は決して母を嫌いなわけじゃなくて大切な存在です。ただ色んな部分が合わないだけで^_^;

せっかく手伝いに来てもらうのであれば少しでも楽しい時間にしたいし、母にとってもストレス少なく暮らしてもらいたい。そのために多少の我慢や努力も必要だと思います。

でも、約1ヶ月と言うとっても短い貴重な新生児の期間

 

くんママ
くんママ
旦那と子供と私だけの時間も欲しい。

 

その時の身体との相談になりますが、なるべく早めに自分で何とか出来るようにして手伝いの期間は短めにしたいと思っています。そのためにも旦那の協力は不可欠ですね。

 

宅食や宅配サービスの利用

ワンオペ育児に役立ちそうなのが、以前も紹介した宅食サービス

育児に慣れるまでは、そういった便利なサービスを駆使して何とか出来ればいいなって思ってます。コープは食材以外にも色々持って来てくれるから、買い物に行かなくて済みますしね♪

スポンサーリンク

 

市の子育て支援ヘルパーを利用

私の住んでいる市では、産前産後の子育てヘルパーさんのサービスがあるようです。

時間単位で料金がかかりますが、どうしてもの時は来てもらえると助かりますね!

 

義両親に頼る

普段あまり連絡を取り合わないのでどのくらいお手伝いしてもらえるか今の段階ではわからないのですが、どうしても人手が足らない時は思い切ってお願いしようかなと思います。

自分の親より気を遣ってしまうけど、子供を通して関係を深める機会になればいいなぁと思います(^_^)

その時にならないとどうなるかはわからない

こんな風にアレコレ考えておいても、初産だし身体の状況はその時にならないとわからない部分が多いですよね。。

 

くんママ
くんママ
正直、産後の事は未知すぎる!

 

今の時点で逆子だから、帝王切開になるかもしれないし!!そしたら産後は凄く辛くなるだろうから、親にイライラするとかつべこべ言ってる場合じゃないかもしれません。そもそも手伝ってもらえるだけ有り難いって思わないといけないのかな(ToT)ゞ スンマセン

とりあえず現時点ではこんな考えですが、その時の状況を見て臨機応変にしていこうと思います。また実際どうなったかなどレポートしていきますね!

 

【2018年7月17日追記】産後は里帰りせずに無事に乗り切る事が出来ました。もし宜しければ、以下の記事も参考にどうぞ(^^)/↓

里帰りしなかった産後。新生児期を乗り切った方法や事前準備、食事のこと 以前こちらの記事でも書いたように、私は産前産後里帰りはしませんでした。 初めての出産&子育てなのでかなり不...