分娩について

帝王切開での出産!手術の次の日から退院までの体調やスケジュールについて

 

こんにちは☆また更新までだいぶ間が空いてしまいましたね^_^;

育児が始まって二ヶ月半ほど経ちました。

少しずつ慣れてきてはいるものの、育児と家事だけで疲れてしまい他の事にはなかなか手が付けられません。今日はちょっとだけ余裕があるので前回の続きを更新したいと思います。

前回の記事では入院初日から手術後の事まで書いてみました。

↓ ↓ ↓

無事出産!帝王切開での入院から手術までのスケジュールや流れ 久しぶりの更新になってしまいましたが、3月某日元気な女の子を出産しました!! 長いようで短かった10ヶ月間...

今日は手術の次の日から退院までの体調や病院で行った事に関して思い出しながら(二ヶ月前の事なのでうろ覚えですが…)記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

帝王切開手術の次の日からのスケジュール

手術の次の日(入院から3日目)

帝王切開の手術後は、自分の個室に戻ることはなく手術室のわきのベットで就寝。朝になると起こされて、運ばれてきたのがお茶。

それを飲んで、悪露のついた産褥パットを取り替えてもらうと(痛みで動けないので要介護状態です)看護師さんに肩を借りながら少し歩く練習をして個室へ戻りました。

手術当日は看護師さんが尽きっきりで何もかもやってくれましたが、この日からは急に野放し状態(T_T)痛みで些細な動作1つ1つに時間がかかるので、カーテンを閉めるとかリモコンを取るとかそんな事をするだけでもかなり辛かった事を思い出します。

この日に私は痛みと戦いながら3回ほど歩く練習をして、子供の姿を見に行きました。

食事は流動食→おかゆ。徐々に固形のものへステップアップしていきます。

(写真はおかゆ)

f:id:akachanwars:20180602142043j:plain

ホルモンのせいなのか物凄く疲れているのに夜は全然寝付けず…。ストレスで産後メンタル崩壊寸前!!!この日は本当に辛かったなぁ。

 

入院から4日目

4日目は硬膜外麻酔の管と尿道カテーテルを抜く予定

まだまだ傷の痛みが強いので、尿道カテーテルを抜いて自力でトイレに行く事にかなりの不安がありました。悪露のついたパッドもうまく取り替えられません。

尿道カテーテルを抜くまでには、尿意を2回感じたら抜くという事だったのですがカテーテルが入っていると尿意というものがよくわからないんです。なので、その事を看護師さんに伝えると「は?なんでわからないの?」みたいな対応で、その時凄く気持ちが辛くなって泣いてしまいました。

それをきっかけに、我慢してたストレスや感情が爆発して大号泣(T_T)(T_T)(T_T)

マタニティブルーなのかわかりませんが、この日はわけもなく涙が流れる事が何度もあって、病院の先生に相談すると「胎盤取ったからホルモン乱れてるんだね~」との事。出産後すぐにそんな事になると思わなかったので驚きです。

尿道カテーテルと硬膜外麻酔の管、点滴が外れるとハンパない開放感!!外すこと自体は全然痛くありませんでした。尿道カテーテルを抜いた後は自分の個室についているトイレに行くのですが、痛みで1度用を足すのに20~30分くらいかかりました^_^;

この日から食事は普通食に♪

 

入院から5日目

待ちに待ったお祝い膳\(^O^)/ここから食事が一気に豪華に!料理が美味しいと評判の病院だったので、入院中の楽しみはこれだけでしたね~w

 

そして待ちに待った初シャワー!!

先生からシャワーの許可が下りたら入る事ができます♪初めて見る傷跡にちょっと衝撃。そして、このあたりからおっぱいが一気に張ってパンパンに!!母乳も少しだけ出てきました!!!人間の身体って凄いっっ。

この日から授乳指導がスタート。

これがまた大変で…(T-T)私は胸が小さいので、赤ちゃんがなかなか咥えてくれず上手く出来なくて苦労しました。

おっぱいが張ってきたと思ったらどんどんエスカレートしてカッチカチに!!熱も持って赤く熱くなっています。もう乳腺炎の一歩手前までいってしまって、助産師さんの地獄のおっぱいマッサージが始まりました(T_T)

これ、拷問級の痛みです。思い出すだけで泣けて来ます…私、頑張ったなぁ…。

あと、この日に実親と義両親のお見舞いがありました。帝王切開の手術の後、いつ来てもらうか悩みましたがこの日より前だったら痛みも強くて疲れもMAX・メンタルも崩壊してたので4日後にして良かったなと思いました。

 

入院から6、7日目

スポンサーリンク

授乳指導始まって間もないですが、肩こりと頭痛が出てきました。(多分、頭痛は肩こりや首の痛みから来るものです)

3時間置きの授乳スケジュールもかなりハード。授乳も上手くいかず、疲れ切っていた私を心配している病院側からは退院日の延長を打診されました。

入院生活のストレスがかなり溜まっていたので、迷いましたが一泊だけ延長することに決定。

この日は沐浴指導があり、看護師さんに沐浴を教わりました。

 

入院から8日目

かなり寒く雪が降りました。なので本来の退院日だったのですが、延長して正解!

助産師さんから退院指導と、先生の最後の診察があり痛み止めと子宮収縮剤の処方がありました。授乳は相変わらずあまりうまく出来ませんでしたが、搾乳を少しだけできるようになっていました。

 

入院から9日目(退院日)

朝の10時に退院なので朝7時に授乳し、8時頃朝食を食べて身支度を始めました。9時には旦那が迎えに来て、部屋の整理。

看護師さんが娘をセレモニードレスに着替えさせてくれて(沐浴も完了済み)、記念の写真撮影をして皆さんに挨拶をして退院!!

娘を家に連れて帰る緊張で私も旦那もドキドキ…。さて、ここからは我が家で新しい生活の始まり始まり~♪(車のチャイルドシートに乗せるのは看護師さんが手伝ってくれました)

 

くんママ
くんママ
以上が私の出産時の入院生活です。

 

今思うと人生で一番と言っていいくらいハードな日々だったかもしれませんね~。でも、これを乗り越えたからこそ可愛い娘にも会えたわけで…!後になれば良い思い出ですw

痛みや辛さは人によって感じ方が様々だと思うので、あくまでも一例として参考になれば幸いですm(__)m