里帰りしない出産

里帰りしない出産は不安が沢山!産後の妻が夫にサポートして欲しい事とは?

私は2018年3月に帝王切開で第一子の娘を出産しました。初めての出産と育児で不安を抱えつつも、新生児期の貴重な時間を家族3人で過ごしたいという想いや、実家には帰りたくない理由もいくつかあり里帰りはしない事に。

里帰りしない出産に向けて準備万端にし、便利なサービスもいくつか利用。(これから里帰りしない出産をする方には、以下の記事が参考になれば嬉しいです。)

里帰りしなかった産後。新生児期を乗り切った方法や事前準備、食事のこと 以前こちらの記事でも書いたように、私は産前産後里帰りはしませんでした。 初めての出産&子育てなのでかなり不...

親や義両親にもお手伝いに来てもらったのも勿論助かりましたが、里帰りしない出産には何と言っても夫の献身的なサポートが不可欠だと思います。

そこで、産後の大変な時期に夫にどんなサポートをしてもらうと助かるか?初めての夫婦2人での育児を迎える為にどういう心構えが必要か?という事を、経験を振り返りながら私なりに考えてみました。

出産から新生児期の間に夫にサポートしてもらいたい事

今回の記事では、出産から新生児期の約1ヶ月の間にサポートしてもらいたい事について書いていきます。何故ならその期間が恐ろしいほど大変で、その期間さえ乗り越えれば多少は落ち着くと思うので(^_^;)

でも、本当に落ち着くのは産後3ヶ月くらいですかね…。慣れてくるまでにはそのくらいの時間がかかるという事を覚悟しておきましょう。

出来る限り仕事のお休みをとる

産後の母胎は全治1ヶ月の交通事故並みのダメージがあると言われていますが、私も予想以上に身体がボロボロで本当に辛かったです。

産後の育児疲れが辛い…!ストレスと疲労によって出てきた体調不良の数々 3月の半ばに出産してからもうすぐ3ヶ月。 慣れない育児に睡眠不足、疲労によって出てきた様々な症状…。正直、産後は体調のいい...

でも、どんなに辛くても育児は休む事が出来ません。新生児期の授乳間隔は3時間起きですが、最初は慣れないので授乳自体に1時間近くかかってしまいます。実質2時間くらいしか間が空かないので睡眠もままならない状態なんですよね。

そんな時にたった1人で赤ちゃんの面倒を見るのはとても過酷な事なので、出来る範囲でお仕事の休みをとって奥さんを寝かせてあげたり、代わりに赤ちゃんの面倒を見る時間を作る事が必要だと思います。

多忙な仕事のスケジュールを調整して休みを取るのも容易ではないと思いますが、最低でも出産日と退院日は絶対に休んでほしいし、出産から1週間くらいは出来るだけ多くの休みを取ってもらえると奥さんも心強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

少しでも寝かせてあげる時間を作る

上記でも書いたとおり、産後1ヶ月は寝る時間が上手く取れません。ヘトヘトになりながら育児をやり続けると産褥期の身体に負担が大きく、後々響いてくると思うので少しでも時間を見つけて寝かせてあげるという事が大切になってきます。

授乳(ミルク)のやり方を覚える

母乳のママは授乳を代わってもらう事は出来ないかもしれませんが、ミルクでもOKな場合は時々授乳や夜の子守を代わってあげると良いと思います。その為に、退院後すぐにミルクの調乳の仕方を奥さんに教えてもらいましょう。

母乳のママでも搾乳が出来る場合は、搾乳しておいたものをパパが代わりに与える事が出来ますよね。(哺乳瓶拒否の子には出来ませんが…)

私は完ミだったので、疲れている時に主人に交代してもらえたのが物凄く助かりました。

オムツ替えや沐浴などをやってあげる

少しでも奥さんを休ませてあげるためにも、オムツ替えは早めに覚えてあげるのがベスト。新生児の時期ってオムツ替えの回数が多いから毎回やるのは大変ですしね。。

沐浴に関しては力仕事なので、旦那さんが担当の家も多いですよね。うちも仕事で遅くなる時以外は主人がやってくれてました。

沐浴は難しいのでいきなり何も知らずに行うのは難しいと思います。地域の母親学級で沐浴の指導がある時に、前もって勉強しておくと感覚が掴めるのでお勧めです。

家事やご飯の準備などを積極的に行う

仕事がある上に、育児のサポートをして家事や料理まで行うのは大変!それでもこの時期だけは、奥さんにやらせず積極的に動いてあげてほしいです。

家の掃除なんかはやらなくても死なないので大丈夫ですが、奥さんを休ませる為にもご飯の準備や洗濯などはやってあげると喜びます。別に苦手な料理を作ったりしなくても、お弁当や総菜を買ってきたりしてあげるとかでもOK♪

スポンサーリンク

うちは宅食サービスを利用したり、母がご飯をもってきてくれていたので食事の心配はあまりありませんでしたが、産後しばらくの間は主人がその他の家事をやってくれて有り難かったです。

奥さんへの気遣いを何よりも優先する

産前も同じ事が言えると思いますが、この時期何よりも大事なのは奥さんへの気遣いを最優先にする事!

男は男で仕事とか大変だから家では少しくらい休みたい…って思っちゃいますよね(^_^;)でも、「大変な時に旦那がゲームに夢中になっていた」「手伝って欲しいのに旦那が察してくれなかった」とかで夫婦間に隙間風が吹いて関係が壊れてしまったら、子供の為にもなりません。

出産後の女性はホルモンバランスも乱れて心身共に不安定だし、気持ちが敏感になっているからちょっとした事でムカつきやすいです(>_<)なので、この時期にちょっとした気遣いや思いやりを大切にしていれば後々根に持たれずに済みますよ!

里帰りしないで夫婦で乗り越える事で絆が深まる

右も左もわからないままぶっつけ本番で始まる育児。ただでさえ不安なのに、里帰りしないとなるとより心配になってきますよね。

私も始まるまでは凄く不安だったし実際大変でしたが、やってみれば以外と何とかなります♪なので事前の準備をしっかり行って、夫婦で話し合っておけば必要以上に心配しなくても大丈夫!

お互いに初めての育児で体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいになって「もう駄目だ…」という日もありましたが、そんな大変な時を一緒に乗り越える事でよりパートナーへの信頼感や絆が深まりました。てんやわんやだった日々も今では良い思い出です。

新生児期はアッと言う間に終わる

新生児期の赤ちゃんってほんとに壊れそうな程小さくて、動き一つ一つが可愛くてたまらない!ずーっと眺めていても飽きないんですよね~。顔の表情も日々変わっていくから、毎日写真いっぱいを撮ってましたw

里帰りをしない事で色々と不安はあると思いますが、夫婦揃って最初の成長を見届けられるのは素晴らしい事だと思います。新生児期は一瞬で終わってしまうので貴重な時間を楽しんで下さい(*^_^*)育児のスタートが良いものになる事を願っています☆彡