マイホーム

戸建ての引っ越し費用いくらかかる?料金比較と見積もり、業者決定までの流れ

何度か記事にしているマイホームの購入の件。(以下は前回の記事)

ド素人でも中古住宅をお洒落にセルフリノベーションしたい!やり方は?材料はどうする?子供が生まれ、そろそろマイホームが欲しい!という事で始めた家探し。新築にする?注文住宅にする??それとも???という中で見つけてしまった...

審査結果が届くまでにはもう少し時間がかかりますが、前もって引っ越し業者は決めておかなければならないので、先日料金の比較サービスと見積もりを行いました。

見積もりは実際に業者の営業マンが家に訪問して、持っていく家具や荷物の量・家の前の道幅や引越日の時間…etc.を確認して料金が決定!

今回の記事では我が家が利用した引越料金まとめて比較サービスや、依頼する業者を決めるまでの事について書いていきたいと思います。

我が家の見積もり条件や依頼したい作業内容

引越と言っても、どのような内容で行われるのか各家庭によって全く違いますよね。

我が家の引越でどのくらいの料金になったのか?について書いていきたいと思うので、どのような条件の引越なのか簡単にまとめていきます。

引越日について

  • 2月上旬
  • 午前中希望

不動産屋に提案されている家の引き渡しの日を引っ越し日として設定。子供が居て引っ越しが夜まで終わらないというのは困るので、午前中を希望しています。

2月上旬はまだ繁忙期ではないそうで、営業マンいわく大体2月中旬くらいから忙しくなるそうです。(3月の繁忙期を避ける為にそのくらいの時期から混み始めるらしい)

繁忙期に引っ越しをしたい場合、なるべく料金を抑えるためにも早めに依頼をするのがベストだと思います。

今の家から引っ越し先の家のこと

  • 2階戸建て→平屋
  • 道幅狭い(自動車1台が通れる)→道幅広い(自動車が楽々2台通れる)
  • 隣接している市なので、近場の引越し

今住んでいる家は2階建ての4LDKで割と荷物も多めです。家の前には細い道しかないので、大きめのトラックは入れません。そんなところも料金には関わってくるようです。

引っ越し先は平屋なので、2階への荷物の持ち運びがなく楽だと思います。あと、遠方への引っ越しではないのであまり長時間はかからなそうですね。

持っていく家具やダンボールの個数・荷造りの事

  • 持っていく家具&家電→TV(47インチ)、プリンター、物干し竿(数本)、レンジ、トースター、冷蔵庫、洗濯機、ベビーベッド、布団2組、本棚(大・小)、CDラック(大きめ)、子供のおもちゃや椅子(ジャンパルー・ハイローチェア等)、デスク2つ、椅子2つ、アルミラック、照明2つ、衣装ケース13個、自転車1台
  • ダンボール50~80個

見積もりに来た営業マンさんに荷物をざっと見て頂くと、「ダンボール50~80くらいいきそうですね~」との事(>_<)ただ、これから要らないものを処分していく予定なので多少は減ると思います。

くんママ
くんママ
荷造り&荷ほどきは全て自分達で行います!
スポンサーリンク

エアコンの着脱1台

エアコンの着脱は1台分依頼。業者さんによって意見が分かれましたが、1社はエアコンパイプの交換の可能性もあるかもとの事。

引っ越し料金まとめて比較!使ったサービスについて

独身の頃は気軽に赤帽を使ったり、友達に協力してもらって引っ越しをしていましたが、こういった大規模な引っ越しは初めてなので料金がどのくらいかかるのか見当がつきません。

引っ越し業者も沢山ありすぎてどこに依頼したら良いかわからない…。そこでまず利用してみたのが、引っ越し料金まとめて比較サービスです。

私は以下の2つを使ったので、おすすめポイントを書いていきますね。

LIFULL引越し見積もり

こちらは最短45秒で見積もり依頼が出来て、利用は無料!全国130社以上から比較出来る一括引越し見積もりサービスです。大手から地域密着の小さな業者まで多くの業者と比較出来るので、1番安く・自分の引っ越しに合った業者を見つけられるのが嬉しいですね。


まずこちらのサイトから引っ越しの希望日・現在の住まいや引っ越し先の情報・持っていく家具や家電や荷物の量・依頼したい作業内容などを入力すると、その条件に合致する会社が検索結果として出てきます。

その会社の中から実際に家に来て見積もりをしてもらいたい業者を選び、依頼が完了です。その後その業者からの連絡を待ちます。

すぐに電話に出て対応出来る場合は問題ありませんが、電話に出ないと鬼のように着信があるので注意が必要です。着信履歴が埋め尽くされる勢いで電話が来ますw

嵐のような電話攻撃がない「引越しラクっとNAVI」

電話に対応している時間がない。何度も同じ内容を複数の会社と話すのは面倒だ!という場合は嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】がおすすめ!

引っ越しラクっとNAVIでは、専用のサポートセンターが1度ヒアリングするだけなので沢山の電話を受ける必要がありません。


私も電話攻撃が嫌だったのでこちらのサービスを最初利用しましたが、もっと多くの業者を比較したくなったのでLIFULL引越し見積もりも使って、その中から3社家に来てもらう事にしました。

引っ越しに役立つ本を無料でプレゼント!
【引越しラクっとNAVI】では「引っ越しする前に絶対読んでおきたい本」という電子書籍を無料でプレゼントしていたので、とりあえず覗いてみるだけでもお勧めですよ☆
引っ越しする前に絶対読んでおきたい本

(出典:【引越しラクっとNAVI】

引っ越し業者が家に訪問し、見積もりへ

家に来てもらったのは大手の3社。子供が居るので私だけで対応しきれないだろうという事で、主人が休みの日に時間差で来て頂きました。

訪問してから見積額決定までの時間や内容

スポンサーリンク

業者の方がまず1番に確認しているのは、自宅の前の道幅。これによって引っ越しの際に使用されるトラックの大きさや台数が決まるようです。

家の中に上がってからは、運ぶ予定の家具&家電と荷物量を実際に見てチェック。その量によってダンボールの数を予想していました。そして、引っ越し日と希望時間の確認。その日にトラックの空きがあるかどうかなど、逐一会社に確認を取りながら話が進められていきます。

引っ越しの時間は午後やフリー便(何時でもOKのプラン)の方が安いそうです。終わる時間がかなり遅くなる可能性があるので、注意が必要です。

その他には、引っ越し先の家の間取りや道幅の事などを聞かれて終了。どこの業者も、所要時間は40分~1時間ほどでした。

サービス内容の違い

大手なのでサービス内容にほとんど差はありませんでしたが、少し違ったのは以下の点。

  • エアコンパイプ交換の有無や、交換の必要性があった際の追加料金の説明があるかないか
  • 悪天候で決行されるのかどうか
  • ダンボール50枚以上が有料か無料か
  • 来るトラックや人員の数
  • 前日から作業開始して荷物を預かってくれるサービスの有無
  • 開始時間や終了時間
  • クレジット支払いの場合、手数料があるかないか

見積もり料金について

料金に関しては、引っ越しの日取り・時間・荷物の量・梱包サービスの使用の有無・トラックや人員の数・オプションサービス…etc.色々な条件からふまえて計算されていますが、1番最初に来た業者の提示した料金を 次に来た業者に伝えるとそれより値下げをするという感じでした。

最終的に3社目が提示した金額を1社目の方に伝えると、その金額に合わせて再検討してくれたので、何処の会社も頑張ってくれたという感じがします。

最終的に我が家の場合は約11万という結果になりました。

依頼する業者の決め手となった事

最終的に依頼する事に決めたのは、1番安くしてくれた会社ではなく営業マンの感じが良く1番しっかりとした説明をしてくれた業者にしました。

たかが見積もりだけでも、やっぱり真心がある対応をしてくれたところにお願いしたくなりますね。他の方も感じが悪かったわけではないのですが、ダントツで良かったところにしました♪

また実際に利用してみたら感想をUPしたいと思います(*^_^*)