病気&トラブル

薬に頼りたくない!妊娠中や産後の辛い喘息を楽にしてくれた簡単エクササイズ

 

くんママ
くんママ
皆さんこんにちは!くんママ(@akachan_wars)です

 

私は子供の頃、小児喘息でした。小学校高学年くらいまでは症状が重く、 度々発作が出ていて酷い時は入院した事もあります。

大人になるにつれて症状が出ることも無くなり、昔喘息を患っていた事を忘れるくらいでしたが、妊娠中からまた呼吸が苦しく喘鳴がするようになりました。そして、再び病院へ行って吸入薬を日常的に使う事に(T-T)

あわせて読みたい
産後の育児疲れが辛い…!ストレスと疲労によって出てきた体調不良の数々 3月の半ばに出産してからもうすぐ3ヶ月。 慣れない育児に睡眠不足、疲労によって出てきた様々な症状…。正直、産後は体調のいい...

 

「このままずっと喘息で苦しめられたらどうしよう…これから子育てがあるのに…」「薬をずっと服用するのは嫌だな…」と、頭を悩ませていた頃に出会ったのが“川井式喘息改善エクササイズ”。このエクササイズを3~4ヶ月ほど毎日行うようになってから喘息の改善がみられてきて、今はほとんど薬を使わなくても大丈夫になりました。

喘息が出ていたのは産前産後といういつもと違う身体の状態からなのかもしれませんが、症状が軽減されて本当に嬉しいです!このエクササイズは簡単で時間をかけずに誰でも行えるものなので、喘息で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

喘息は命に関わる病気なので、薬を使ってコントロールをすることは大切です。エクササイズをしていれば、お医者様に処方されている薬を勝手に減らしたり辞めても良いという事ではありません。

川井式喘息改善エクササイズを知るきっかけ

薬に頼らずぜんそく・セキが止まるすごい方法

私が川井式喘息改善エクササイズを知ったのは、「薬に頼らずぜんそく・セキが止まるすごい方法」という本を購入したからです。

この本を見つけて、本当にタイトル通りに“薬に頼らず喘息が止まる”なら試してみたい!と思った事がきっかけでした。(※この体操をしている間、薬は使っていますよ)

喘息というのは気道の慢性的な炎症から起こっている症状だというのは知っていたので、結局のところその炎症を鎮めなければ治ることは無いはず。どうしてエクササイズで治るのか?という疑問も沸いて、いっその事試してみる事にしたのです。

本の内容

本の内容は以下の第一章から第六章まで。

そもそも喘息という病気はどんなものなのか?治療の現状はどうなっているのか?から始まり、エクササイズのやり方ぜんそくの原因となっている体のゆがみの治し方・患者さん達の想いなどがわかりやすくまとめられています。

  • 第一章 ぜんそくは治せる病気?治せない病気?
  • 第二章 自然な呼吸を妨げているのは「体のゆがみ」
  • 第三章 ぜんそく改善エクササイズをはじめよう!
  • 第四章 この工夫でエクササイズの効果がアップ!
  • 第五章 生活習慣も見直せば回復はもっと早まる!
  • 第六章 エクササイズを行った先輩たちのぜんそく体験談

 

くんママ
くんママ
文章がすっごく読みやすいから、1日で読み終わっちゃった!

 

スポンサーリンク

川井式喘息改善エクササイズのDVDもある

本も読みやすくてオススメですが、面倒くさいという方にはDVDも販売されているようです。

このDVDのパッケージにも書いてありますが、エクササイズの内容は本当に簡単!(本を1度読めば覚えられるぐらい)DVDならもっとわかりやすいと思うので、忙しくて本を読む時間がない方には助かりますね。

川井式喘息改善エクササイズのやり方

ズボラな私は「毎日エクササイズとかするの面倒くさいな~」と思っていましたが、本も1日で読めたしエクササイズの内容もすぐに覚えられて、習慣にする事が出来ました♪

買う前に少し試してみたい方は、youtubeに動画があったので観てみると良いと思います(^^)

 

とても簡単な方法ではありますが、川井式喘息改善エクササイズにおいて重要なのは毎日続ける事。数分で出来るシンプルな動きだから、娘の哺乳瓶を電子レンジで消毒している間や料理で何かを煮込んでいる間など隙間時間に行っています!

本格的な施術を受けたい場合は、川井筋系帯療法治療センターへ

著者の川井太郎さんは「川井筋系帯療法治療センター」の院長をされているそうで、その治療院は東京渋谷・横浜・船橋・大宮・名古屋・札幌の6カ所にあります。

主に肩こりや腰痛・ひざ痛・慢性疲労・アトピー・喘息を専門にしていて、身体不調の根本原因である「身体のゆがみ」を科学的に分析してソフトな施術で改善してくれるとの事。

自分でエクササイズするだけで良くならなかったら通ってみようかな~と思っていたのですが、今のところ調子が良いのでまた何か不調を感じたら1度診てもらいたいですね。

薬だけに頼るのではなく、自分に出来る努力をするのが改善への糸口

1度かかりつけのお医者様に言われたのは「喘息に完治はない」という言葉です。

治っていると感じる期間があっても、それは影を潜めているだけで持病としてあることには変わりないとの事。喘息になってしまった原因は体質や遺伝など自分の意思ではどうしようもない部分がありますが、本を読んでみて悪化していく原因は姿勢や生活習慣にもある事がわかりました。

喘息で悩んでいる人の多くはデスクワークであったり、前屈みの姿勢になる職業の方が多いそうです。私も育児が始まってから授乳や抱っこなどで猫背になる事が多かったので、それが影響したのもあるのかなと思いました。(あとは妊娠中や産後の体質の変化や疲れなどもあると思いますが…。)

喘息は薬でコントロールしないと命に関わるので、治療中は簡単に薬を手放す事は出来ませんよね。私も「このまま酷くなって一生薬が手放せなくなるのかな…」と悲観的になってしまった事もありますが、エクササイズを実行した事で自分の努力で改善出来る可能性がある”と知れたので良かったです。

喘息とはこれからも上手く付き合っていきたいので、エクササイズの習慣を続けていこうと思います。気になった方は良かったら試してみて下さいね(^_^)